2020年11月の行政書士試験の合格に向けて勉強中です。

2020年11月・12月の行政書士試験へ向けての勉強状況(2019.11月~12月)①

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



2020年11月の行政書士試験へ向けての勉強状況

 

2020年11月の行政書士試験の合格を目指すことにしました。

 

せっかくなので、合格に向けてどんなことをやっていたか?進捗のチェックも含めて記録していこうという試みです。

 

2019.11月:受験を決意および独学をゆっくり開始

 

厳密に言えば10月の末ですがキリ良くするために11月に試験を受けようと思ったとしておきます。

 

法律に関しては知識は全くありません。宅建もありません。大学は経済学部でした。法律は完全なる初学者です。

 

最初は独学でやっていこうと思っていました。お金がもったいないことと独学に自信があったからです。

 

私は大学受験で浪人をしていますが、そのときは予備校に通わず独学でやり、受験した大学すべてに合格できた実績があります。

 

というわけで、テキトウにネットで情報収集し、初学者に良さそうな2冊本を買いました。

 

法律の初めて勉強するなら↓を読んでおくと良いとありましたので買いました。
 

 
次は、行政書士は民法が大事で最初に勉強すべしとあったので↓を買いました。
 

 

これらを2冊を読みながら、他に行政書士の勉強法・行政書士が実際にどんな業務をしていくかを調べていきました。

 

2019.12月 アガルートの講義を購入し勉強を始める

 

行政書士についてyoutubeで調べていたら、youtubeと過去問をやっただけで行政書士試験に合格したというのを目にしました。

 

まじか!とyoutubeで受験勉強ができる時代かと驚きながら、いくつか動画を見ました。

 

そうすると超わかりやすくビックリしました。
 

 
↑で民法を勉強していたわけですが、本で勉強していると以下のような文がでてきて理解するのがめんどうでした。

 

Aが土地を保有していて、それをBに譲渡する。BはAに支払う代金をC銀行から借りる。C銀行はBの土地に抵当権を・・

 

これが動画であれば、その都度、絵が描かせて説明されます。

 

条文についても、意味不明は要は何がいいたいの?と思うものが多いですが、それをすべて「要は~です。」とわかりやすく解説してくれます。

 

しかも、覚えるべきところを明確に教えてくれます。

 

以上を踏まえると独学で本を使って勉強するのは膨大な時間のロスがあると判断しました。

 

よって独学には自信があるものの、法律は独学に不向きと判断し、動画講義を購入することにしました。

 

youtubeの上がっている無料動画をみてわかりやすかったことと合格すれば全額返金してくれるため17万でしたが迷わずアガルートを選びました。

 

 

 

民法の動画講義を終える

 

というわけで独学から動画講義に切り替えて勉強を11月末より開始しました。

 

2020.1.7時点で民法の動画講義が終了し行政法に進んでいます。

 

12月は物販の方に時間がとられてしまい思ったよりも勉強時間を作ることができず進捗が遅くなりました。

 

本来なら民法の動画講義終了から過去問→動画復習の無限ループをして知識の定着を図りたかったですが、時間がかかりすぎたため行政法に進むことにしました。

 

今後の進め方

 

全体像が把握できないと不安なので早めに1回全部通してやりたいと思っています。

 

ざっくりのイメージで5月まで80%仕上がっている状況を目指します。

 

2月:行政法

3月:商法:憲法・基礎法学

4月~5月:問題演習ひたすら

 

まとめ

 

行政書士試験の勉強の進捗としては

 

2019.11月~12月  独学で民法を勉強

2019.12月  民法動画講義終了(1週目)

 

となっています。

 

1月は行政法の動画講義を進めていきます。余裕があれば商法:憲法・基礎法学に進んでいく予定です。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 行政書士試験合格するまでの記録 , 2019 All Rights Reserved.