2020年11月の行政書士試験の合格に向けて勉強中です。

行政書士試験の勉強進捗状況⑦総勉強時間は360~460時間くらい(2020.6.4時点まで)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



行政書士試験の勉強進捗状況⑥総勉強時間は360~460時間くらい(2030.6.4時点まで)

 

4月~5月の勉強時間はざっくり100時間程度と思われます。正確に図っていませんのでざっくりしています。

 

なかなか勉強のペースが伸びません。

 

まだ基礎ができていないため長時間勉強することができないのが原因です。

 

さらにいつも深夜のファミレスで勉強していたのが緊急事態宣言でできなくなったことも大きいです。

 

基礎が終わり、問題演習で知識の定着を図る段階になれば、覚える大変さがなくなるので勉強時間は飛躍的に増えると思いますので、そのときまでは牛歩で進んでいきます。

 

 

4月からは勉強の方針を変更する。

 

 

 

4月は勉強方針を大きく変更しました。

 

今まではアガルートの講義を聞く⇔アガルートの短答過去問集をやるということをメインでやろうと思って勉強していました。

 

がしかし4月に↓を買ってやってみて考えが変わりました。

基礎力をつける段階では過去問はやらない方が良いです。難しすぎます。合格革命を中心に勉強した方が良いです。

 

理由はこちらで書いています。

 

 

簡単に説明すると合格革命は一問一答形式に近いため知識を定着させるのにちょうどよいということです。

 

一方過去問は、間違えるようにヒネってある問題が中心にでていきます。

 

基礎力をつける段階では過去問は使うべきではありません。難しすぎます。

 

さらに全体をざっくり仕上げることを意識していましたが、民法・行政法を仕上げてから憲法・商法・会社法に力を使う方針に変更しました。

 

行政書士試験の特性上、民法・行政法を制することが最短ルートと判断したからです。

 

 

4月・5月の勉強:行政法のアガルート講義⇔合格革命をひたすら繰り返す

 

4月・5月の主な勉強

・アガルート行政法の講義 約1周半

・合格革命の行政法 1周~3周

・アガルート民法の総則・物権 約1周半

・合格革命 1周

・アガルート文章理解 3/4

 

ざっくりの全体の勉強状況

・民法の講義動画(約50時間)×3.5週、短答過去問集を半分 合格革命1周

・行政法の講義動画(約45時間)×2.5週  合格革命1周~3周

・憲法の講義動画(約40時間)×1週、短答過去問題集を1/3

・商法・会社法の講義動画(約25時間)を半分視聴

・一般知識の講義動画(約25時間)を1/5視聴

・文章理解 3/4

 

文章理解をやってみましたが、大学受験の国語のようなもので、なんとかなりそうな感じでした。

 

問題集をやってみた感じは60%~70%は正解する状態でした。

 

やり方次第では文章理解で満点を狙えるようなので満点を目指す方向で行きたいと思います。

 

2020.6月~勉強計画

 

行政法のさらなる知識定着と民法の合格革命の演習をやっていきたいと思います。

 

民法の残りの債権・家族法をやって、一般知識の個人情報保護法あたりまで出来たらよいと思います。

 

緊急事態宣言も解除され深夜でもファミレスで勉強できるようになったのでしっかり勉強時間を確保したいと思います。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 行政書士試験合格するまでの記録 , 2020 All Rights Reserved.